酵素ドリンクを長く楽しむための保存方法と賞味期限

 

酵素ドリンクのメリットを最大限に生かすためには、賞味期限と保存方法について知らなければなりません。

 

なぜなら、酵素ドリンクは賞味期限が切れると栄養価が落ちてしまうからです。

 

また保存方法の仕方によって、衰えていくスピードも違ってくるからです。

 

したがってこれから酵素ドリンクを飲む方は、ぜひこの二つの知識を得ておくようにしてください。

 

賞味期限はどのくらい?

 

まず賞味期限についてですが、これは商品のタイプによって違いがありますが、最も長い期限で製造日から2年間となっています。

 

一方、期限が短い製品の場合は製造から1年間というのが一般的です。

 

このように酵素ドリンクの賞味期限は1年から2年だということを覚えてください。

 

そして商品の栄養価を十分に受け取るためには、この賞味期限内に飲むことをおすすめします。

 

一説によれば、期限が過ぎても大丈夫だったという話もありますが、栄養価の観点からいえば期限後に飲むことはおすすめできません。

 

保存方法とそのコツ

 

一方、酵素ドリンクの保存方法についてはどうでしょうか。

 

これも製品のタイプによって方法が異なり、またいくつかのコツが必要になります。

 

例えば、酵素ドリンクによっては蓋に小さな穴があり、そこから栄養が漏れることを防ぐため、横倒しに保存しないよう注意が呼びかけられているものもあります。

 

また、直射日光による劣化を避けるため、冷暗所での保存をすすめられているものもあります。

 

全ての製品に共通していえるのは、常温で保存すること、高温多湿の場所を避けることです。

 

こうした保存方法を守ることによって、酵素ドリンクの品質を長く良好な状態に保つことができます。

 

特に夏場は物が腐りやすいので、保存の仕方には細心の注意を払わなければなりません。

 

そして冬場であっても、夏場ほどではありませんが、保存場所が暑くならないようにするなど、一定の注意は必要です。

 

季節に関係なく基本は冷蔵庫での保存をおすすめしますが、気温によっては外で保存しても構いません。

 

投稿日: