基礎代謝アップ!?ダイエットサプリの効果について

 

ダイエットサプリには種類がありますが、そのなかでも脂肪燃焼系と呼ばれるものは、脂肪燃焼の効率をアップする働きがあります。

 

ダイエットと基礎代謝の関係

 

筋肉質の人は脂肪が少ないといわれていますが、それは筋肉がつくと基礎代謝が上がるためです。

 

基礎代謝というのはエネルギーの消費活動のことで、人間が呼吸をしたり、眠ったりしたときなど、必要最低限の生命活動をしているときにも行われています。

 

基礎代謝が上がれば、眠っているだけでもエネルギーの消費量が増すので、太りにくくなります。

 

筋肉はダイエット中に脂肪をエネルギーとして燃焼したり、消費させるためには必要なものなので、適度な筋肉をつけて、スリムになりたい方は脂肪燃焼系のダイエットサプリを摂取するようにしましょう。

 

ダイエットサプリに含まれる成分

 

細胞内にあるミトコンドリアには、運ばれてきた脂肪をエネルギーにする働きがあります。

 

カルニチン配合のダイエットサプリを摂取すれば、脂肪をスムーズにミトコンドリア内に運べるので、脂肪燃焼効果を高められます。

 

カルニチンには疲労回復の効果もあるので、活動的に動けるようになることで、痩せやすい体質に導けます

 

クロロゲン酸もミトコンドリアの働きを良くする成分なので、ダイエットサプリには良く含まれています。

 

ミトコンドリアが活性化すると、脂肪分解の働きを高められるので、脂肪をエネルギーとして燃焼しやすくなります。

 

またクロロゲン酸には食後の血糖値の上昇を抑制する作用があるので、インスリンの分泌を緩やかにし、余分な脂肪がつかないようにする効果も期待できます。

 

アルファリポ酸には、食事などで身体に入ってきたブドウ糖をエネルギーに変換する働きがあります。

 

ブドウ糖は人間の活動には必要なものですが、多めに摂ると中性脂肪として蓄積されますし、カロリーオーバーになるので、太りやすくなります。

 

ダイエットサプリにアルファリポ酸が含まれていれば、ブドウ糖をスピーディーにエネルギーに変えられるので、体重増加を防げます

 

アルファリポ酸は加齢により減少するので、ダイエットサプリで摂取するようにしましょう。

 

投稿日: